スタッフ紹介

 臨床心理士・公認心理師(不登校ひきこもり相談室「こころのそえぎ」)

 親子支援ネットワーク♪あんだんて♪代表


★代表より

わが子が不登校だった時、自分自身のために二つのことを始めました。それは同時に子どものためにもなったのですが、

ひとつは親の会を初めたこと。

そこでは安心して日ごろの悩み、愚痴を話せて共感してくれる仲間がいました。苦しいこともうれしいことも分かち合い、「私一人じゃない。」という勇気をもらえました。

二つ目は、さまざまな心理学講座やカウンセリング講座を学んでいったこと。知っていたら子どものこころの理解や、子どもへのかかわり方に役立つだろう、と思う理論やワークを

学んで、自分自身の価値観や考え方に幅ができ、人っておもしろいな、と人間に対する興味が広がりました。

そんな経験から心理学の理論やワークをお伝えしたいと思い、♪らるご♪に、ともに学ぶ場を作りました。

理論を実際の生活のなかに落としこむようなワークを通して、なによりもまず親自身が自分を肯定し自信を取り戻し、ゆとりある気持ちで子どもと暮らしてほしいのです。

ここに集う方の心の居場所になるような♪らるご♪でありたいと思っています。



 キャリアカウンセラー(京都若者サポートステーション)


10年前に長男が中3で不登校になったことがきっかけで、現在は就労支援機関でキャリアカウンセラーとして、働くことに一歩を踏み出せない方の相談を担当しています。

あの時は、子どもの将来への道のりが見えないことが不安で、誰に何を相談したらいいかもわからず泣き暮れる日々でした。

同じ想いをされている方と♪らるご♪が繋がりますように...

♪らるご♪で出会った方々と一緒に「オリジナルの生き方や働き方をカタチにする」サポートをしたいと思っています。


 公認心理士・医療デイケアスタッフ

熊本県人吉市出身。

中3のとき不登校に。その後通信制を4年で卒業したが、大学受験に失敗。一人暮らしを始め予備校に通い始めたが、教室に入れず、引きこもり状態に。

しかし、予備校の先生方の支えもあって、5年目に大学に受かり26の時に京都へ。同大学、大学院を卒業し、現在公認心理師の資格を取得。『らるご』では、予備校の先生が自分にしてくださったように、とにかくドアを開けて待っているという姿勢を大事にしたい。

あなたのことを思っているという事が自然と伝わるような声掛け、サポートを常に考えていきたい。 

 社会福祉士・スクールソーシャルワーカー

中学校時代の不登校、高校中退の経験をもちながら、現在はスクールソーシャルワーカーとして活動をしています。

「あの時しんどかったなぁ...」と思いながら、時々ふと立ち止まって自分とお喋りをしてみては、「よしっ」と再び歩き出す...今も、そんな毎日です。

そんな毎日を送れているのは、「色んな方に支えてもらえた」という、ありがたい自負があるから。

恩返しとまではいかなくとも、私なりに、誰かの支えになれたら。そんな風に願いながら、今日も♪らるご♪を想っています。



 事務局・親子支援ネットワーク♪あんだんて♪副代表

事務局を担当しています。35歳になる子どもが、小5から中3まで不登校。

その後一旦就職してからも、4年あまり立ち止まった時期がありました。

その時は不登校のときと違ったしんどさがあり、また親を支える場がないなと感じています。

専門資格や業務経験はありませんが、20年にわたる♪あんだんて♪副代表としての活動経験を活かし、事務局として専門資格を持つスタッフの活動を支えつつ、私なりの目線で関わっていければと思っています。